主な活動内容

「子どもを守る文化会議」

子どもを守る文化会議は、1951(昭和 26)年に制定された「児童憲章」の理念のうち、子どもの生活と成長発達環境改善の課題、平和と民主主義を守り発展させていく社会の課題、これらを深く結びつけて実現するため、さまざまな立場で頑張っている市民団体、文化団体、教職員組合、労働組合などが横断的に実行委員会を組織して、1953(昭和 28)年11月に第1回が開催されました。以後も、様々な子育ての側面で活動を続けている団体、教育・保育・福祉・医療・文化・司法など広い範囲の団体が協力、連帯して、この課題を実現しようと毎年開催を続けています。

子どもを守る文化会議の記事を見る

「平和祈念集会」

平和祈念集会は、「子どもを守る文化会議」と並行し、2005(平成17)年から毎年夏に開催しています。
子どもにとって、その生活や生命を脅かす最大の存在が戦争です。私たちは、20世紀は、子どもに戦争を強いる時代であり、そのことが21世紀になっても必ずしも良い状況になっていないことに鑑み、戦争について学び、平和が実現するよう「学習・行動・実践交流」のための集会を続けています。

平和祈念集会の記事を見る

会の活動と地域組織

全国の活動

  • 春—総会
  • 夏—平和祈念集会
  • 秋—子どもを守る文化会議
  • 冬—学習会

出版物案内

月刊誌

「子どものしあわせ」
誰でも自由に発信し、学習交流のできる、教師と父母をつなぐ雑誌

機関紙

「子どもを守る」(毎月15日発行)
活動を報告し合い、情報を交換し合う新聞

白書

子ども白書
日本子どもを守る会・白書編集委員会編
1964年回創行、2020年版は56冊目
出版:本の泉社刊(1964年~2018年)/かもがわ出版刊(2019年・2020年)

PAGE TOP