会の紹介

 「日本子どもを守る会」はこんな団体です

 日本子どもを守る会(にほんこどもをまもるかい)は、日本国憲法と児童憲章・国連子どもの権利条約の理念と精神に則り、日本の子どもたちの健やかな成長としあわせを実現することを目的に、子どもを守り育てる諸運動と協力・連帯してさまざまなとりくみを展開している社会運動団体です。児童憲章が制定された翌年の1952年5月17日発足し、掲げられた基本目標の下、父母や教師、学生、研究者、市民団体や文化・芸術団体の他、労働組合関係者らが思想・信条の違いを越えて会に参加し「花には太陽を、子どもには平和を」をスローガンに、子どもの人権と平和を守る運動を進め、現在に至っています。

 基本目標

  • 1、私たちは、児童憲章ならびに子どもの権利条約を実現するために国民的な運動をおこします。
  • 1、私たちは、日本国憲法の精神にしたがって、子どもを戦争から守ります。
  • 1、私たちは、子どもの幸福をはばんでいる悪い環境や条件をとりのぞくことにつとめます。
  • 1、私たちは、子どもが自分たちで強く正しく明るく伸びていく力を養うように助けます。
  • 1、私たちは、それぞれの立場から愛情と知性と技術とをもって、みんなの力で子どものしあわせをたかめます。

 スローガン

「花には太陽を、子どもには平和を」

PAGE TOP